診療時間
坐骨神経痛が気になったら電話予約

Main menu

当院のPELD手術例の画像です。高難易度症例です。

図KM まとめ

右のヘルニアによる下肢神経痛が強かった患者さんです。

腰椎の変形が強く、右側から8mmのPELDの内視鏡が入らないので

PELDをする施設でも通常、PELDの適応外とされる例でしょう。

これに対して、

反対の左側からPELDの内視鏡を挿入し、右のヘルニア摘出し軽快した例です。

このように難易度の高い例でも当院ではPELDで対応可能な場合があります。

術後、痛みは全く消失しました。この方も1泊2日入院です。

Comments are closed.