診療時間
坐骨神経痛が気になったら電話予約

Main menu

4月の本格始動後、2か月半経ちました。 脊椎手術数が50例を超えました。

昨年12月3日に開院し、今年の4月からは週2日の全身麻酔手術日を設定し

本格的に入院手術治療を行っています。まだ、本格始動後数か月ですが、

脊椎手術数が50例を超えました。そのうち腰椎椎間板ヘルニアは23例あり、

内視鏡および顕微鏡にかかわらず ほぼ全例、翌日には独歩退院しております。

当日退院が6例、翌日退院が16例、術後2日目退院が1例でした。)

腰部脊柱管狭窄症(分離症1例含む)の顕微鏡手術は24例あり

1椎間~3椎間と様々ですが 、難治例で10日ほど入院となった1例を除き、

23例は術翌日~術後4日までの独歩退院をされています

その他、腰部脊柱管狭窄症に対する脊椎制動術1例、

胸椎偽関節に対する椎体形成術1例、胸髄症に対する椎弓切除術1例、

頚椎椎間板ヘルニアに対する前方除圧固定術1例、

頸部脊柱管・椎間孔狭窄症に対する椎弓形成術1例、

重度の頚椎後縦靭帯骨化症に対する椎弓切除術1例を施行しております。

重度の頚椎後縦靭帯骨化症においても、軸性疼痛(頚椎後方除圧術後の頸部痛、

肩こりの強い痛みのような症状)も全くなく、術後4日目に退院されました。

そうなんです。約50例で1週間以上入院された方は1例のみです。

手術日を含めた平均在院日数は3日ほどです。

ただ、当院は5床しかない単科の有床クリニックですので限界があります。

内科合併症が高度な方は内科管理も十分できる総合病院での手術を勧めて、

紹介したり、 特に手術を急ぐ必要がある患者さんは、

融通をつけて頂ける私が信頼する他病院の脊椎指導医に紹介をしております。 

とにかく患者さんが治ることが一番です。

神経は奥が深い組織です。100%はありません。

本当に酸いも甘いも噛み分けなければいけない分野だと思います。

一時的な症状の波であろうと思うケースはまだよいのですが、

困ったなあ、手術をしても難治性だなと思う例があります。

今後も精進していきたいと思います。

 

 

Comments are closed.